FX(外国為替証拠金取引)で投資する興味深いところは、単独の投資商品であるにもかかわらずお金を掛ける期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」の中でどれを選ぶかにより、投入の仕方が変わる部分にあります。中学・高校・大学にできる思春期にきびの原因と改善

第一に外貨投資の「長期」に関して見てみよう。どんな仕事でもキャッシングできる消費者金融!

長期の投資というものは一年以上の長期の投資を基準としているのが普通です。ボニック

一般的に為替レートで一年以上経った後の相場は円高と予測するか、逆に円安になっているかを連想するということは、まず難題かと思います。添削指導員〜仕事内容・必要なスキル・報酬の相場〜

普通の人は、「そこまで先の動きは見当もつかない」と思うのが実際のところです。

未知なものを一生懸命に推測しようと努力してもそんなことは無意味なのです。

そんなわけで外貨を買ったら、買ったタイミングのレートよりも円高になったとしてもそれはそのうち返ってくるだろうというポジティブな思いで取引にチャレンジするのが良いでしょう。

差益を熱心に大きくすることではなく、別の方法での収益つまりはスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で利益を上げるということをまず最初の目当てとして始めましょう。

当然のことですが、ちょっとの期間で差損にマイナスがすごくなってしまうことがあります。

そのためこういう場合のような差損にも問題ないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少なめで取引する心がけは大事です。

外国為替証拠金取引(FX)は、為替差損が一定範囲以上に広がってしまうと、追加保証金(追い証)が必要になったりストップロスがかかったりします。

ストップロス(ロスカット)をすることになったら、その時点でトレードを打ち切りしなければならず長期投資をできなくなります。

こんな危険から逃れるにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍あたりでトレードすることです。

今度は中期スタンスの売買です。

中期投資のケースは、一番長くて1?2ヶ月位経った頃を考慮してのトレードを行うのです。

為替取引のケースでは、約1ヶ月先のことであればおおよそ、予測できるなケースが多いでしょう。

先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)などの国際ミーティングであったり、為替の市場で取引している人たちがどういったテーマに関心を持っているかを聞けば、ほとんどの場合予想がつくでしょう。

こういったファンダメンタルズを見ながらも、チャートを確認することによって為替の動向をわかるようになり、取引を判断するのがベストです。

基本的に、経済情勢とテクニックの両面で良い方向でありまたはどちらも買い傾向が一致していればほとんどの場合ジャッジした通りに行くと思って良いでしょう。

その時はポジションを増やすことで多くのリターンを入手できるでしょう。

最後に短期の要点。

この短期のスタンスは、つまりはデイトレを言っています。

為替相場でデイトレをする場合、経済の状態は絡んでいないと明言していいです。

なぜかというと明日の為替相場の変動に経済の状態は絡んでいないからです。

ここで、コツは大規模なイベントがある際それが影響してレートが大きく変動するチャンスを狙ってやり取りしましょう。

例を挙げると、アメリカ合衆国で雇用の統計が公布されるまたは金融会議などにより金利が変わるといったこと。

このような絶好のチャンスに変動を捉えるといった意味合いで、短期のトレードでは様々なデータが欲しいところである。

Copyright © 2002 www.oltrescuola.org All Rights Reserved.