よくある経験の浅い方向けの外為の書籍では「損をした場面ではナンピン買いで全体の平均の買い付け価格を下げることができる」等説明されていますが正直これは危険があります。ローカロ生活

はじめに、ナンピンの理屈についてとても簡単に記述しておきます。デオプラスラボプラチナム

仮定として100円で1ドルを買ったとします。デトランスα

$買いだから円安ドル高に向うほど利益が出ますが運悪く1ドルが95円まで円高が進んだとします。アロマキフィ

その場合ポジションを保持し続けたら、マイナスをなくすためには、円高になった分、円安ドル高に進む必要があります。生サプリ

損失は早く戻したいと願うだろう。優光泉

このためはじめに注文したのと同じ量の$(ドル)を、95円で売買します。プロキュア

それによって、ポジション全体の平均の買い付け単価は1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。ヒアロモイスチャー

これで、2.50円の幅でドル高に推移すれば損を取り戻す事が出来ます。ピュアナース

こういったことがナンピンの仕組みです。カロリストン

このような、ナンピンの理論を知ると、「その通り」と考えるが相場はそう簡単には上手くはいきません。

もとより、95円より下がらないとは、誰にも予想できません。

仮定として、外国為替市場がドル安基調だったら、1ドル95円では収まることなく更に一段の円高になる確率はあります。

ひとつの例として、1ドル97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず1ドル95円まで円高ドル安になったとしたらナンピンを入れたポジションも、損失が生じることになってしまうのである。

こういう状態では最初に保有したポジションと同時に更なる損失が生まれます。

このように、ナンピンは難しいのだ。

であるなら、為替相場が自らの筋書きとは逆にすぐに進んだ場合、どういう術で危機を軽減すればいいのだろうか。

ここで取れる道は限られています。

まずはじめは覚悟を決めて損失を確定する事です。

もうひとつの選択肢としては、今、自分が所有している買いポジションを小さくする事によってもう一回外国為替市場が戻るのを待つ事です。

ずいぶん弱腰の方法だと感じる方もいると思います。

だが、買いポジションに為替差損が生じた場合、有効な方法はこの他には期待できない。

言うまでも無く、理論上は、ナンピンを入れるという手段も有効です。

しかしナンピンは自身が損失を出している状態にもかかわらず、ポジションを縮小するどころかそれとは反対にポジションを重ねていく方法です。

この手段では、危機を削減することなど、どう頑張っても無謀だと思ったほうがいいです。

ナンピンをしていけば最終的には利益を上げられるかもしれません。

しかし、そうなる前に投資資金は足りなくなってしまいます。

Copyright © 2002 www.oltrescuola.org All Rights Reserved.
ラチュール シミウス